BLOG

基礎工事以前に行う地盤改良工事があります。

2021/04/17

基礎工事以前に行う地盤改良工事があります。

 

こんにちは、または始めまして! 群馬県エリアを中心に仕事をしています。 有限会社カナイ工務店です。

今日は土曜日でお休みの方もいると思いますが、当工務店のある群馬県はあいにくのお天気で出かけるのもあきらめてしまうくらい雨が降っていますね。

最近週末になると天気が悪いことが多い気がします。ここ最近だと日曜日で晴れていたのは先週ぐらいではないでしょうか。

今日中に雨は上がり、明日は天気が良いとのことなので子供を公園でも連れて行ってあげようかななんて思っています。

去年も同じ時期に紹介しましたが、当工務店の近所の通りには遅咲きの八重桜が満開になっています。

こんなご時世で無ければ毎年、お祭りを行うのですが今年も中止になってしまったみたいです。

来年はぜひ開催できるような世の中になってほしいですね。そしてぜひ八重桜祭に来ていただきたいと思います。

 

先日更新したブログの中で基礎工事が最初に行う工事と言いましたが、その前に地盤改良工事があります。

この工事は絶対に行う工事ではなく家の下の地盤が良好でない場合に行う工事になります。

まず地盤調査を行い、地盤が良好でないとわかったら家の重心になる地中に杭打ち工事を行います。

杭の種類は鋼管杭やコンクリート杭などありますが、当工務店では砕石を転圧しながら地中内で杭状にしていくエコジオ工法で行っています。

この工法のメリットは、まず環境に優しいことが大きいですね。上記で書いた鋼管杭やコンクリート杭などは人工物の為、仮にその場を売却することになった際も撤去工事が必要になります。

ですが、砕石杭の場合は自然の物から杭を形成しているので環境に優しく撤去工事も必要ありません。

そしてエコジオ工法ならではのメリットとして他の砕石杭打ちの工法では掘った残土が出てしまうのですがこの工法の場合掘りながら尚且つ土もろとも押さえつけながら砕石杭を形成するので残土が出ない仕組みになっています。

なので残土処理のコストを大幅に減らすことができます。

まず最初にも言いましたが、その土地の地盤が良好なのがベストの状態ですが、中々難しい場面もあると思います。そんな中で環境にも優しくローコストを考えて当工務店ではこのエコジオ工法に現在行きついています。

先日のブログで書きましたが、基礎や地盤がしっかりしていないお家は地震大国の日本ではとても心配になります。

家の外や中のデザインやインテリアを考えるのも楽しくて新築の醍醐味でもありますが、まずは見えないところの重要さを知っていただきたいと思っています。

 

では今日はこの辺で。

 

群馬県内、隣接県での新築・リフォーム・お家のご相談がありましたらぜひ(有)カナイ工務店にご連絡下さい

新しく無垢を多く取り入れたお家もローコストで工事ができるようになりました。