BLOG

昨年新築したお家の板張りの部屋の反響が良いので再度投稿させていただきます。

2021/01/10

昨年新築したお家の板張りの部屋の反響が良いので再度投稿させていただきます。

 

こんにちは、または始めまして! 群馬県エリアを中心に仕事をしています。 有限会社カナイ工務店です。

年明け早々1都3県では緊急事態宣言が出てしまいましたね・・・

ですが昨日東京では新規感染者が3日連続の2000人越え、神奈川県では999人と1000人一歩手前まで来てしまっています。

当工務店のある群馬県でもとうとう大台の100人を超えてしまいました。

みなさんにも再確認してほしいのはこの人数は新規感染者数であって感染人数はもっと大幅にいるということです。

そして少なからずみなさんの身の回りにも感染してしまう経路が1つや2つあるかもしれません。

油断せずその経路に立ち入らないようにしてください。

 

さて昨年末引き渡しが完了したお家で板張りをしたお部屋があるのですが

ホームページやブログなどを見てこのような部屋が良いと相談をしてくれる方が多くいたので再度投稿させていただきました。

まず気になる費用ですが新築の場合、壁や天井に貼る石膏ボードの代わりに張ることになり、場合によっては石膏ボードを張ったうえに張るケースもあります。

もちろん石膏ボードに比べコストも高くなってしまいます。また施工性も石膏ボードに比べ劣ってしまうのでコストアップになってしまいます。

ですが長期的なコストで見た場合、クロス仕上げや塗り壁仕上げなどと比べ傷みづらく見た目も木の色の変化なども楽しめるのでとても良いと思っております。

なので当工務店では今回の新築工事のように一部屋やこだわりたい場所などに使用することをおすすめしています。

今回は事例として新築工事を行う上での話をしましたが、リフォームでももちろんできます。

ちょっと部屋に飽きてきたからアクセントが欲しいけどクロスの貼り換えだけでは物足りないなどの考えがある方にはもってこいだと思います。

興味がある方はぜひご連絡下さい。

 

では今日はこの辺で。

 

群馬県内、隣接県での新築・リフォーム・お家のご相談がありましたらぜひ(有)カナイ工務店にご連絡下さい

新しく無垢を多く取り入れたお家もローコストで工事ができるようになりました。