BLOG

手練りでコンクリートを打設しました。

2020/06/26
ロゴ

手練りでコンクリートを打設しました。

 

こんにちは、または始めまして! 群馬県エリアを中心に仕事をしています。 有限会社カナイ工務店です。

なんかすっきりしない天気が続いていて嫌になりますね。

暑いのは嫌ですが朝起きて曇り空や雨だとなんかいまいちテンションがあがりません、、

でもそんなこと言っていると6月も終盤で来週から7月に入ります。

今年も気づけば残り半年になりました。今年はコロナの影響で正直時間をつぶしたような感じになっていて早く感じました。

本当はオリンピックも開催されていて日本は大盛り上がりのはずでしたがそれも来年に持ち越され、尚且つ小規模開催も検討されているとのことでなんか寂しくなってしまいますね。

まぁ起こってしまったことを悔やんでもしょうがないので来年のオリンピックが無事開催されて日本全体が明るくなるといいですね。

 

さてお風呂のリフォーム工事の続きですが、先日ユニットを置くための土間打ちを行いました。

今回は0.75坪のユニットバスの為、コンクリート自体もそんなに使わないのでミキサー車を頼まず

自分たちで手練りでコンクリートを作りました。ちなみに材料はホームセンターなどに売っています。

セメント、砂、砂利、水を混ぜたものがコンクリートになります。

ちなみにセメント、砂、水を混ぜたものをモルタルと言ってどこか亀裂が入った箇所や補修したい箇所、仕上げる際に使用します。

モルタルなんかは自分のうちのブロック塀やコンクリートの土間なんかの補修なんかに手軽に使えるので覚えておくと便利かもしれないですね。

工事の方はあとは7月の4日にユニットバスの工事が決まっているのでそれを待って仕上げ工事となります。

今回はなるべく工事期間を最短でしてほしいとのことだったので解体工事から大体2週間もあればお風呂のリフォームはできると思います。

実際に生活している方には2週間は長いかもしれませんが、老朽化などの理由から工事を考えているなんて方がいましたら是非参考にしてみて下さい。

 

では今日はこの辺で。

 

群馬県内、隣接県での新築・リフォーム・お家のご相談がありましたらぜひ(有)カナイ工務店にご連絡下さい