BLOG

O様邸新築工事大工工事の総括と近況報告

2019/11/07

O様邸新築工事大工工事の総括と近況報告

 

こんにちは、または始めまして! 群馬県エリアを中心に仕事をしています。 有限会社カナイ工務店です。

昨日のブログでの報告通り新築工事の大工工事がほぼ終了しました。

あとは内装工事が終わり次第、建具のつり込みをして終了になります。

今回はお家の性能や現場の場所の都合からいつもよりは手間がかかってしまうかもしれないと思っていましたが

なるべく協力業者さんを遊ばせないように日程を詰めて材料の搬入なども事前に決めておいた段取り通りに

進むことができたので作業日数は上棟からちょうど一か月くらいでした。

今回もかなりスピーディーに施工できたのではないかと思います。

施主さんもよく現場を見に来てくれる方なのでできていくのを見てとても喜んでくれました。

そして今回は施主さんの希望で色々な面で性能が高い次世代の住宅になりました。

まず屋根には10KW相当の太陽光パネルを設置しました。

片流れの大きな屋根半分くらいはパネルが設置してあるため一般的にみてかなり発電も期待できると思います。

 

断熱材は発砲ウレタンを吹き付けて工事を行いました。

よくハウスメーカーなどが推奨している水性のものとは違い有機性の硬質のウレタンを吹き付けたので

断熱性能も格段に違います。それと湿気などを吸ってしまう心配もないので仮にでもウレタン自体がカビたりすることもありません。

 

そして壁面に吹付ける際に外部に面材を張らなくてはいけないので今回は吉野石膏のEXボードという耐力面材を張りました。

この面材はボードと同じく石膏で出来ているため防火地域に対応できる材質でもあるため火災に対しても強いということとほかの面材と比べてリーズナブルだったため今回使用しました。

材質は固いのですが粘り気があり簡単に割れるイメージもなくよかったのですが

何しろ重量が26㎏もあり長さもかなりあるので大変でした。

吉野石膏さんにはあと少し重さを改善してほしいところですね。

 

階段は廻り階段で、仮に階段から落ちたとしても一番下まで落ちないように廻りの部分を一段踊り場を設け

安全性も考えました。上の写真は階段を施工中のものです。

階段などの仕上げ材は一つのミスも許されないのでかなりの緊張が走ります。

自分も後々はそういった工事の中でも難しいところをやっていかなくてはいけないので

今のうちに勉強しておきたいと思います。

 

一つ々話すとかなり長くなってしまうので今回はこの辺にしておきます。

すべての工事が完了した後に仕上がった写真とともにブログもまた更新したいと思いますのでよかったらまた見てください。

 

 

それと今現在上棟準備中のK様邸新築工事の方は今月の27日に上棟することに決まりました。

皆さんのおかげで当工務店も小さくですが会社を続けていくことが出来ています。

これからもどうぞよろしくお願いします。

最近では新築の更新ばかりとなっていますが、今現在でも外部塗装の塗替え工事やエコキュートの交換工事なども動いています。

お家のことで何かご相談があればお気軽に相談ください。

もちろん某ハウスメーカーみたいにしつこく電話連絡などはしませんのでご安心ください。

 

では今日はこの辺で。

 

県内、隣接県での新築・リフォーム・お家のご相談がありましたらぜひ(有)カナイ工務店にご連絡下さい