BLOG

O様邸新築工事地盤調査

2019/07/26
ロゴ

O様邸新築工事地盤調査

 

こんにちは、または始めまして! 群馬県エリアを中心に仕事をしています。 有限会社カナイ工務店です。

最初に、外構工事の方が天気に恵まれない中、先日やっと終了しました。

最後は清掃と車止めの設置だけでしたので、施主さんにはもう使用してもらってはいたのですが

無事終了してよかったです。施主さんも気に入っていただいているのでなおよかったです。

また施工前と後で比較できるようにギャラリーに掲載しようと思うのでよかったら見ていってください。

 

題の内容に戻りますが、先日新築工事をするにあたって土地の地盤が良いか悪いかの調査を行いました。

今回は地盤があまりよくなくて、地盤改良を行うことになりました。

地盤改良とは家が建っている場所で重心がかかる場所に杭を打つ工事になります。

杭の種類は、鉄のパイプだったり、コンクリートの杭だったりが主流なのですが

当工務店は砕石を専用の機械で圧縮しながら杭状に形成していき地盤改良を行う方法でやらせていただいています。

砕石杭を使用している理由は、まず砕石なので仮に土地を売却しようとした際も引き抜く心配がないこと。

これは、コンクリート杭や金属にパイル杭などは環境に対して悪影響を及ぼすかもしれないものなので

売却の際は、引き抜くか値下げの原因になってしまいます。

それに比べ、砕石は自然にある石なので環境に優しいし抜く必要もありません。これが理由1つ目。

もう一つは、杭の中間部分でもし断層がずれた場合、砕石杭だと折れずに変形するだけで杭の状態を保つことができるとのことです。

これはコンクリートの杭などではできないことです。

みなさんもお分かりの通りコンクリートは堅いです。ですが地震のような大きな力がかかってしまうと地中で折れてしまうとのことです。

折れてしまう杭と、変形はするが折れることがない杭なら、後者の方が断然良いですよね?

これらの理由から当工務店では砕石を使用した工法を採用しています。

そして、以前はハイスピード工法という工法でしたが、今回からネオジオ工法という工法に変更して行うことになりました。

工法の説明は長くなりそうなのでまた後日説明したいと思います。

もちろん今回の調査で地盤が良好な場合は杭は打つ必要がありませんのでそのケースが金銭面的にも一番かなと思います。

ですが、調査もしないで家を建てちゃうような良くない建築屋さんも中にはいるみたいなのでみなさん気を付けて下さい。

 

では今日はこの辺で。

 

 

群馬県内、隣接県での新築・リフォーム・お家のご相談がありましたらぜひ(有)カナイ工務店にご連絡下さい